勿禁駅に高速列車KTX停車で梁山市内も停車へ! 韓国鉄道KORAILダイヤ改正(2023年12月29日) KTX 경부선 물금정차

 174回閲覧

勿禁駅に高速列車KTX停車で梁山市内も停車へ! 韓国鉄道KORAILダイヤ改正(2023年12月29日) KTX 경부선 물금정차

韓国鉄道KORAILは2023年12月13日、プレスリリースにて12月29日にダイヤ改正を行うと公表した。今回はこのうちKTX京釜線について見ていく。

1. KTX京釜線勿禁停車へ!

今回の2023年12月29日韓国鉄道KORAILダイヤ改正では、高速列車KTX京釜線のうち東大邱~釜山間で在来線経由となる列車のうち6往復が勿禁停車となる。

これは京釜線内で唯一梁山市内で旅客営業している駅のため、梁山市が高速列車KTXの停車を要望していた。

ただこの停車により釜山発着時刻が4分~6分変更、所要時間も伸びている。果たして今回の高速列車KTXの勿禁停車は必要だったのだろうか。




2. 勿禁駅の高速列車KTX停車は意味があるのか

ただ今回高速列車KTXが停車する勿禁駅、特急格電車ITX-セマウルやITX-マウム、急行格列車ムグンファ号がいずれも一部しか停車しないのだ。

しかも各種別ともおおむね6割程度しか停車しない。そんなムグンファ号ですら通過列車がある駅に高速列車KTXが停車する必要はあるのだろうか。

また、勿禁駅は梁山市内から離れており、梁山市中心部を通る釜山地下鉄2号線とも乗り換えられない。このため勿禁駅から梁山市街地へ行くにはバスに乗り換える必要がある。このバスの所要時間が約35分である。

一方これまで梁山市に行くにはKTX京釜線蔚山駅からバスを利用していた。こちらのバスの所要時間は約45分のためバス乗車時間が10分減ったとみることはできる。

ただ、蔚山駅は高速線専用駅のためソウル駅まで約2時間20分程度で到着できるほか停車本数も1日35往復と多い。一方今回高速列車KTXが停車するようになる勿禁駅は東大邱まで在来線経由のためソウル駅まで約3時間かかるほか、1日6往復しか停車しないのである。せっかくバスの所要時間が10分縮んでも高速列車KTXの所要時間が40分伸びては意味がない。

しかも蔚山駅はKTXより1割程度安い高速列車SRTが停車するが、勿禁駅には来ない。運賃面でも有利ではない。

もっとも市名に合わせて梁山駅という名称であれば高速列車KTX停車効果で市名の知名度が上がって効果はあるだろう。ただ梁山駅という名称は釜山地下鉄2号線の終点に使ってしまっているため、その梁山駅から遠く離れた勿禁駅が名乗るにはまず無理だろう。

もっとも2027年以降に梁山都市鉄道が開業すれば釜山地下鉄2号線が1駅延伸するのその際に梁山市庁でも駅名変更すれば梁山駅という駅名称で重複することはなくなるので韓国鉄道KORAILの勿禁駅を梁山駅に改称することはできる。ただそれ3年はかかるぞ。

果たして今回の高速列車KTXの勿禁駅停車は意味があったのだろうか。


5. 結び

今回の2023年12月29日韓国鉄道KORAILダイヤ改正では、高速列車KTXが梁山市の勿禁駅に停車することとなった。

今後韓国鉄道KORALでどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

関連情報:韓国鉄道KORAIL、2023年12月29日にダイヤ改正 – X(韓国鉄道KORAILからの引用不可のためXで代用)

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました