高架化で所要時間短縮へ! 樽見鉄道ダイヤ改正(2020年12月13日)

高架化で所要時間短縮へ! 樽見鉄道ダイヤ改正(2020年12月13日)

樽見鉄道は2020年10月30日、プレスリリースにてにて12月13日にダイヤ改正を行うと公表した( 2020年12月13日ダイヤ改正実施について )。今回はこれについて見ていく。

1. 高架化で所要時間短縮へ!

今回の2020年12月13日樽見鉄道ダイヤ改正では、美江寺~北方真桑間の一部高架化による連続立体交差化事業の完了に伴い、所要時間を短縮する。

今回のダイヤ改正では大垣~樽見間で概ね所要時間を2~3分短縮することとなった。

2. 昼間の運転間隔等間隔化で接続改善へ

今回の2020年12月13日樽見鉄道ダイヤ改正では、昼間の運転間隔を等間隔化する。

これまで昼間は1時間27分~1時間33分間隔であったが、1時間30分間隔に均等化する。これにより15分おきに来るJR東海道線との接続改善を図る見込みだ。

このほか樽見21時26分発最終大垣行きを樽見21時47分発に21分繰り下げるほか、大垣22時55分発最終本巣行きを大垣22時59分発に4分繰り下げたことにより、JR東海道線「ホームライナー大垣3号」からの乗り換え時間を4分から8分に拡大することとなった。


3. 結び

今回の2020年12月13日樽見鉄道ダイヤ改正では、一部高架化により所要時間の短縮を図るほか、昼間の運転間隔均等化を図ることとなった。

今後樽見鉄道でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

タイトルとURLをコピーしました