新駅開業とサンダーバード増発へ! JR西日本金沢支社・富山地方鉄道・あいの風とやま鉄道・IRいしかわ鉄道・のと鉄道ダイヤ改正(2019年3月16日)

JR西日本金沢支社は2018年12月14日、プレスリリースにて2019年3月16日にダイヤ改正を行うと公表した( 2019年春ダイヤ改正について )。またあいの風とやま鉄道は2018年12月14日、プレスリリースにて2019年3月16日にダイヤ改正を行うと公表した( 2019年3月ダイヤ改正について )。さらにIRいしかわ鉄道は2018年12月14日、プレスリリースにて2019年3月16日にダイヤ改正を行うと公表した( 2019年3月ダイヤ改正について )。今回はこれについて見ていく。

2019年3月16日全国一斉ダイヤ改正まとめについてはこちら!


1. 富山地方鉄道で新駅開業へ

今回の2019年3月16日富山地方鉄道ダイヤ改正では、不二越線に新駅が開業した。

今回開業した新駅は栄町で、稲荷町~不二越間に開業した。

これにより電鉄富山~岩峅寺間では所要時間が概ね2分(1~3分程度)のびることとなった。

また電鉄富山発着時刻を基本変えていないため、多くの列車で不二越~岩峅寺間で時刻変更が行われることとなった。これにより岩峅寺行きでは2分程度繰り下がり、電鉄富山行きでは2分程度繰り上がることとなった。

これにより上り初電は岩峅寺5時35分発電鉄富山行きから岩峅寺5時32分発電鉄富山行きに繰り上がることとなった。

ただ今回の新駅開業では増発はなく、栄町に停車する列車は昼間は50~60分間隔で概ね毎時1本程度となっている。

2. あいの風とやま鉄道で増発へ

また今回の2019年3月16日あいの風とやま鉄道ダイヤ改正では、2018年3月17日ダイヤ改正以来約1年ぶりにダイヤ改正を実施することとなった。

今回のダイヤ改正では増発を実施し、泊18時36分発富山行きが高岡行きに延長することとなった。

これにより富山を19時台に出発する高岡方面の列車が2本から3本に増え、輸送力を増強することとなった。

このほかあいの風とやま鉄道線内では時刻変更が行われたほか、IRいしかわ鉄道では土休日運転だったIRホリデー号を多客期運転の臨時列車IRおでかけ号に格下げすることとなった。

3. 北陸本線特急「サンダーバード」増発と特急運転区間延長へ

また今回の2019年3月16日JR西日本金沢支社ダイヤ改正では、特急列車の増発と延長が行われることとなった。

まずは特急「サンダーバード」から。これまで定期列車は24往復の運転だったが、今回のダイヤ改正で大阪19時台発及び金沢19時台発の1往復が臨時列車から定期列車に格上げし、25往復での運転となった。

また、敦賀に停車する特急「サンダーバード」が3往復増加することとなった。2023年3月には北陸新幹線敦賀開業があり乗り換えが必須になって特急全停車となることから、それを見据えて行われたのではないだろうか。

このほかに、平日運転の福井7時20分発特急「おはようエクスプレス」金沢行きが敦賀6時43分発に延長したほか、金沢21時40分発特急「おやすみエクスプレス」福井行きが敦賀行きに延長することとなった。

このほか、金沢~米原・近江今津間では521系2両編成による列車がワンマン化するg、減車はあるものの減便はない。また福井23時10分発敦賀行き最終列車が福井23時17分発に7分繰り下がることとなった。

4. 七尾線でも接続改善へ

また今回の2019年3月16日JR西日本金沢支社及びのと鉄道ダイヤ改正では、七尾線でもダイヤ改正を実施した。

今回のダイヤ改正では特急「能登かがり火」の運転時刻が変更となっている。

特急「能登かがり火6号」金沢行きは和倉温泉13時25分発から12時53分発に、特急「能登かがり火8号」金沢行きは和倉温泉15時20分発から14時30分発に、それぞれ30分以上大幅に繰り上がった。

またのと鉄道でも今回のJR西日本金沢支社のダイヤ改正に合わせ特急「能登かがり火」との接続を改善し、最大15分時刻を変更することとなった。

5. 結び

今回の2019年3月16日富山地方鉄道・あいの風とやま鉄道・IRいしかわ鉄道・JR西日本金沢支社・のと鉄道ダイヤ改正では、不二越線で新駅栄町が開業したほか、各線で増発が行われることとなった。

今後富山地方鉄道では2020年の市内線の富山ライトレールへの乗り入れが予定されているほか、2023年3月の北陸新幹線敦賀延伸に伴い特急列車の再編があるほか第三セクター転換により普通列車の見直しも図られる。また七尾線でも521系を導入することとなり、列車の性能が向上し運転時刻が変わる可能性がある。

今後数年の間だけでも大きな変化が起こる北陸地方で、今後どのようなダイヤ改正を実施するのか、楽しみにしたい。


TOP