乗務員不足で大減便へ! 岡山電気軌道ダイヤ改正(2023年8月28日)

 7788回閲覧

乗務員不足で大減便へ! 岡山電気軌道ダイヤ改正(2023年8月28日)

岡山電気鉄道は2023年8月21日、プレスリリースにて8月28日にダイヤ改正を行うと公表した( )。今回はこれについて見ていく。

1. 終日にわたり大減便へ!

今回の2023年8月28日岡山電気軌道ダイヤ改正では、2020年7月31日岡山電気軌道ダイヤ改正以来約3年ぶりにダイヤ改正を行った。

今回のダイヤ改正では、東山線は平日朝は5分間隔、昼間は8分間隔、清輝橋線はほぼ終日15分間隔での運転となる。

2020年7月31日ダイヤ改正以前は東山線は平日朝は2分30秒間隔、昼間は5分間隔で運転していたというのに、あれよあれよと減便である。

もっともこのご時世で利用が減ったのは否めないが、昼間5分間隔から8分間隔に減ったままとは。

これは、乗客が戻ったとしても乗務員の減少に歯止めがかからず、復便しようとしても元に戻せなかったというのが一番大きい。そう考えると今後も昼間5分間隔のように復便することはないだろう。


2. 結び

今回の2023年8月28日岡山電気軌道ダイヤ改正では、2021年からの減便を乗務員不足を理由に引きずることとなった。

岡山駅前停留場の駅近延伸も控える中、今後岡山電気軌道でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました