夜間に減便へ 樽見鉄道ダイヤ改正(2022年10月1日)

 1222回閲覧

夜間に減便へ 樽見鉄道ダイヤ改正(2022年10月1日)

樽見鉄道は2022年8月23日、プレスリリースにて10月1日にダイヤ改正を行うと公表した( 10月1日ダイヤ改正について )。今回はこれについて見ていく。

1. 夜間の減便実施へ

今回2022年10月1日樽見鉄道ダイヤ改正では、夜間に減便を図る。

大垣21時26分発樽見行き最終を廃止する。救済として大垣22時13分発本巣行きを大垣22時19分発神海行きに延長し、神海までの最終を繰り下げている。また折返し列車の樽見22時36分発途中神海のみ停車の本巣行きも廃止する。

また神海19時43分発大垣行きも廃止する。

これにより1日3本の減便を行うこととなった。

なお2020年12月13日樽見鉄道ダイヤ改正より実施している昼間の1時間30分間隔運転は継続している。


2. 結び

今回2022年10月1日樽見鉄道ダイヤ改正では、夜間に減便を図ることとなった。

今後樽見鉄道でどのようなダイヤ改正を行うのか、見守ってゆきたい。

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました