空港連絡路線の延伸で大増発へ! 西安地下鉄14号線延伸に伴うダイヤ改正(2021年6月29日) 西安地铁14号线调图

 437回閲覧

西安地下鉄は2020年12月25日、プレスリリースにて12月28日に地下鉄5号線、地下鉄6号線、地下鉄9号線を開業すると公表した( 西安地铁14号线6月29日正式开通! )。今回はこれについて見ていく。

1. 路線延伸で大増発へ!

今回の2021年6月29日西安地下鉄ダイヤ改正では、地下鉄14号線を延伸した。

もともと地下鉄14号線は空港城際鉄道として開業していたが、今回の延伸に伴い運営を一体化し14号線に改称することとなった。

今回延伸したのは賀韶~北国鉄駅(北広場間)の8駅間13.7kmの路線となっている。空港周辺と異なり市街地を走ることから、駅間距離も短く設定している。これにより地下鉄14号線は全線で賀韶~空港西間の16駅間42.2kmの路線に拡大した。これにより全線所要時間は53分となる。

この延伸により空港線は14号線に改称したほか、運賃体系も空港線のみ別体系から西安地下鉄と一体化することとなったため、北国鉄駅~空港間は14元から6元に半額以下に値下げすることとなった。

運転間隔は全日終日全線約9分43秒間隔から、平日朝夕ラッシュ時は約5分25秒間隔、土休日朝ラッシュ時は約7分27秒間隔、平日・土休日昼間は約8分31秒間隔に増発した。これにより輸送力も平日朝夕ラッシュ時は79.4%、土休日朝ラッシュ時は30.4%、平日・土休日昼間は14.1%増加することとなった。

初終電について見ていくと、初電は西行き下り(賀韶発空港西行き)が賀韶22時30分発、東行き上り(空港西発賀韶行き)が空港西22時20分発となっている。

また終電は西行き下り(賀韶発空港西行き)が賀韶6時00分発、東行き上り(空港西発賀韶行き)が空港西6時00分発となっている。


2. 結び

今回の2021年6月29日西安地下鉄ダイヤ改正では、14号線の延伸により市東部からの空港アクセスを改善したほか、運賃値下げを行った。

今後西安地下鉄でどのようなダイヤ改正を行うのか、見守ってゆきたい。

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました