車両増備で増発へ! 徐州地下鉄1号線ダイヤ改正(2019年12月31日) 徐州地铁调图

徐州地下鉄は2019年12月25日、プレスリリースにて12月31日に地下鉄1号線でダイヤ改正を行うと公表した( 车间隔缩短2分钟,徐州地铁1号线作出首次调整优化 )。今回はこれについて見ていく。

1. 運転時間拡大と増発へ

今回の2019年12月31日徐州地下鉄ダイヤ改正では、地下鉄1号線で2019年9月28日の開業以来約3か月ぶりにダイヤ改正を行った。

今回のダイヤ改正では車両増備に伴いダイヤ改正を行った。開業後4か月以内の車両増備に伴うダイヤ改正は中国の地下鉄ではよくあることで、開業時に所定の車両数が揃わなかったことによる。

平日朝夕ラッシュ時は約8分間隔から約6分30秒間隔に短縮し輸送力が23.1%増加したほか、平日昼間は約9分40秒間隔から約7分47秒間隔に短縮し輸送力が24.2%増加した。これにより昼夕輸送力比(日本の基準で適正値60〜78%/推奨値66%~75%)は85.8%から83.5%に変化した。

このほか今回のダイヤ改正では終電も繰り下げた。終電は西行き(徐州東駅発路窩行き)が徐州東駅21時30分発から22時00分発に、東行き(路窩発徐州東駅行き)が路窩21時30分発から22時00分発にそれぞれ30分繰り下げた。


2. 結び

今回の2019年12月31日徐州地下鉄ダイヤ改正では、車両増備に伴い終日に渡り増発を図ったほか、終電の繰り下げも実施した。

今後徐州地下鉄でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

タイトルとURLをコピーしました