所要時間短縮と運転区間延長で利便性向上へ! 小田急電鉄ダイヤ改正(2019年3月16日)

小田急電鉄は2018年12月14日、プレスリリースにて2019年3月16日にダイヤ改正を行うと公表した( 2019年3月16日(土) 小田急線ダイヤ改正を実施します )。今回はこのうち、特急ロマンスカーについて見ていく。

2019年3月16日全国一斉ダイヤ改正まとめについてはこちら!


1. 平日夜に所要時間短縮へ!

今回の2019年3月16日小田急電鉄ダイヤ改正では、特急ロマンスカーでダイヤ改正を実施する。

まずは平日夜。新宿22時発以降の特急ロマンスカー「ホームウェイ」で時刻変更を実施する。新宿発時刻で変わるのは新宿22時20分発に繰り下がる特急「ホームウェイ89号」藤沢行きと新宿22時40分発に繰り下がる特急「ホームウェイ19号」本厚木行き、新宿23時18分発に繰り下がる特急「ホームウェイ91号」藤沢行き、新宿23時32分発に繰り上がる特急「ホームウェイ23号」本厚木行きの4本となっている。

このうち江ノ島線に直通する藤沢行き特急「ホームウェイ」2本は、江ノ島線内でほとんど運転時刻を変えることなく運転され、藤沢到着時刻はダイヤ改正後も同じ時刻となっている。つまり、新宿発時刻を5分及び3分繰り下げた分、そのまま所要時間が短縮されている。前回2018年3月17日ダイヤ改正より江ノ島線特急ロマンスカー「ホームウェイ」は江ノ島線直通快速急行より所要時間が2~3分延びていたので、複々線区間で時間短縮を図ることとしたようだ。

また特急「ホームウェイ19号」本厚木行きも新宿発時刻が10分繰り下がりながらも本厚木到着時刻が8分繰り下がっていないことから、所要時間が2分短縮された。

さらに地下鉄千代田線大手町22時30分発「メトロホームウェイ9号」本厚木行きも、代々木上原→成城学園前間で2分延びたはずなのに、本厚木到着時に2分繰り上がっており、所要時間が短縮されている。

そのほか、新宿始発の特急「ホームウェイ」では1分程度所要時間が伸びる列車がいくつかあり、必ずしも全便で所要時間短縮が図られたわけではないようだ。所要時間の1分延長については、22時台以降の急行が経堂に追加停車することとなるから、運転時刻が経堂以西で1分繰り下がった可能性がある。

2018年現在、平日夕ラッシュ時のダイヤは15分サイクルダイヤを基軸とした30分サイクルダイヤで組まれており、特急ロマンスカーも新宿始発と地下鉄千代田線からの列車合わせて毎時4本設定されている。しかし今回のダイヤ改正で新宿22時台の特急ロマンスカーが20分おきの発車となったことから、10分サイクルダイヤベースの20分サイクルダイヤに変更した可能性がある。ともなると、当該時間帯の新宿始発の急行が毎時4本から毎時6本に増えてもよさそうだが、急行増発に関する記載がないことから考えにくい。ともなると、平日22時台以降の地下鉄千代田線からの急行向ヶ丘遊園行きが準急や各駅停車に格下げされるか、代々木上原行きに短縮される可能性がありそうだ。

2. 土休日も運転区間延長と増停車で利便性向上へ

また今回の2019年3月16日小田急電鉄ダイヤ改正では、土休日の特急ロマンスカーにも変更がある。

まずは朝。海老名7時01分発特急「モーニングウェイ70号」新宿行きは、本厚木6時57分発に延長されることとなった。これにより前回2018年3月17日ダイヤ改正より設定された、本厚木・海老名両停車の特急ロマンスカーが拡大されることとなった。

また、秦野7時25分発特急「モーニングウェイ52号」新宿行きも小田原7時04分発に延長されることとなった。これにより小田原からの特急ロマンスカー初列車が42分繰り上がることとなった。

ただ、平日であればこの時間帯にすでに小田原7時18分発特急「モーニングウェイ76号」新宿行きが設定されていることから、平日に近づけたというのはあるだろう。

一方、土休日夜には新宿20時20分発特急「ホームウェイ11号」箱根湯本行きは小田原行きに短縮されることとなった。

また小田原20時27分発特急「さがみ60号」新宿行きが秦野、伊勢原、新百合ヶ丘を通過とした一方、代替として箱根湯本20時30分発特急「はこね32号」新宿行きが秦野、伊勢原、新百合ヶ丘に停車することとなった。停車駅に大きな増減があったが、両列車とも運転時間は変更しないこととなった。

これにより、秦野、伊勢原からの新宿行き特急ロマンスカーの最終が20分遅くなったほか、箱根湯本から新百合ヶ丘へ直通する特急ロマンスカーの最終も1時間20分繰り下がることとなり、利便性が向上した。

また今回のダイヤ改正で3駅増停車となる特急「はこね32号」は小田原20時47分発で設定されていることから、東海道新幹線新大阪18時16分発「ひかり532号」東京行き(小田原20時35分着)から接続することができる。ともなると、小田急電鉄は私鉄なので特急料金の乗り継ぎ割引制度適用外ではあるが、米原・名古屋方面からの小田急線沿線利用へのニーズに応えようとしたのではないだろうか。

3. 結び

今回の2019年3月16日小田急電鉄ダイヤ改正では、平日22時以降でダイヤサイクルが変わったために特急「ホームウェイ」「メトロホームウェイ」の所要時間短縮を実施することなったほか、土休日朝に特急「モーニングウェイ」の運転区間を延長し、土休日夜には停車列車を交換することにより、利便性向上が図られた。

今後小田急電鉄が特急ロマンスカーでどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。


TOP