500系リバティ追加投入で暫定置き換えか! 東武伊勢崎線・日光線特急列車運用変更(2021年8月18日)

500系リバティ投入も暫定置き換えか! 東武伊勢崎線・日光線特急列車運用変更(2021年8月18日)

東武鉄道は2021年7月16日、8月18日より日光線特急「きぬ」「けごん」及び伊勢崎線特急「りょうもう」の一部で車両を変更すると公表した( 8月18日以降の伊勢崎線および日光線特急列車の車種変更について )。今回はこれについて見ていく。

1. 500型リバティ追加投入で車両変更へ!

今回の2021年8月18日東武鉄道運用変更では、500系(リバティ型車両)を3本投入したことにより、日光線特急「きぬ」「けごん」及び伊勢崎線特急「りょうもう」の一部で車両を変更する。

それでは各特急でどのように車両運用を変更するのか、見ていこう。

2. 伊勢崎線特急「りょうもう」の500系運用拡大へ

今回の2021年8月18日東武鉄道運用変更では、伊勢崎線特急「りょうもう」の一部で500系運用を増やす。

伊勢崎線特急では2020年11月9日東武鉄道運用変更以来約9か月ぶりに運用変更を行う。

今回200系から500系運用に変更する特急「りょうもう」は3往復で、全て6両での運転のままのほか1運用で置き換える。

なおリバティ特急料金は特急「りょうもう」よりも割高のため、通常特急料金でも200円の値上げとなるほか、今回置き換え対象のうち2本は午後割・夜割適用列車で旧急行料金相当で利用できるため、今回の車両置き換えで最大410円の値上げを行う。




3. 日光線特急「けごん」「きぬ」の500系運用拡大へ

今回の2021年8月18日東武鉄道運用変更では、日光線特急「けごん」「きぬ」の一部で500系運用を増やす。

今回置き換えるのは土休日に限り特急「けごん」1往復と特急「きぬ」1往復、特急「アーバンパークライナー」1本の1運用となっている。

なぜ平日は運用変更を行わなかったかというと日光線特急は観光特急要素もあることから土休日のみ運転する特急も多く設定しており、土休日の浅草発着の200系スペーシア運用は6運用あるのに対し平日は5運用と1運用少なくなっていることから、200系を1運用減らすには土休日のみ1運用減らせば十分なためである。

なおリバティ特急料金はスペーシア土休日特急料金と同額のため、今回の車両運用変更では日光線特急の料金値上げはない。

これにより今回の置き換えでは500系3両編成4本が新たに運用に就くわけだが、前回の2020年11月9日東武鉄道運用変更では500系3本を投入したのに2本しか入れていなかったため、1本が予備車として浮いていた。今回の運用変更は今回投入分の3本と予備車として浮いていた1本の合計4本で運用を置き換えたのだろう。

4. 今回の車両置き換えは暫定的なものか

では今回の2021年8月18日東武鉄道運用変更は恒久的に続くものなのだろうか。

まず、もし本当に今回の運用変更を恒久的に続ける気なのであれば、少なくとも日光線特急「けごん」「きぬ」の車両変更は土休日運転のみの運転の列車にするか、今回置き換えた全日運転の列車であれば土休日のみならず平日にも行うはずだ。なぜならその方が運用管理が楽だし平日はより割高な特急料金を徴収でき増収となるためである。

しかも2006年から栗橋連絡線を供用開始したにもかかわらず、甲種輸送の経路に使用したのは2021年7月が初である。それまで15年間もの間秩父鉄道の専用貨物線を使用して車両搬入をしていたのだが、もっと以前からできたはずである。

そう考えると今回追加投入した500系3両編成3本を栗橋経由で搬入したのは、近い将来JR直通特急を東武500系で置き換えるためも入っているのではないだろうか

それだけであればわざわざ2021年8月に車両変更を行わずにJR東日本と同時に実施するであろう2022年3月ダイヤ改正にてJR直通特急の全運用を東武500系で置き換えれば良かったはずだ。しかしその合間を縫って東武鉄道では100系や200系特急型車両の塗装変更をほとんどの編成で行うとしたのである。

つまり今回の東武鉄道運用変更はこれまでとは違い100系スペーシアや200系りょうもうの塗装変更や車両整備のために一時的に500系置き換えている可能性が高い

そう考えれば今後2022年内のダイヤ改正で今回置き換えた特急列車については元の100系スペーシアないし200系りょうもうに戻る可能性が高いのではないだろうか。


5. 結び

今回の2021年8月18日東武鉄道運用変更では、日光線特急「きぬ」「けごん」及び伊勢崎線特急「りょうもう」の一部で車両を500系リバティ型車両に置き換えることとなった。

ただ日光線特急「きぬ」「けごん」の車両置き換えが土休日のみであることを考えると今回の500系へ置き換えた運用がそのまま継続するとは考えにくく、近い将来100系や200系の運用に戻す可能性が高そうだ。

東武鉄道では2021年度にあと3本の500系リバティ型車両を投入するとしているが、今後浅草発着特急を置き換えるのか、それともJR東日本直通特急を置き換えるのか、楽しみにしたい。

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

タイトルとURLをコピーしました