恐れていた!田園都市線の減便宣言! 東急田園都市線・大井町線ダイヤ改正(2020年6月6日)

東急電鉄は2020年5月11日、プレスリリースにて6月6日にダイヤ改正を行うと公表した( 6月6日(土)、大井町線・田園都市線のダイヤ改正を実施 )。今回はこれについて見ていく。

2020年3月14日ダイヤ改正まとめはこちら!


1. 大井町線直通急行の運転時間帯拡大も減便へ

今回の2020年6月6日東急電鉄ダイヤ改正では、2019年10月1日東急田園都市線・大井町線ダイヤ改正以来約8か月ぶりにダイヤ改正を行った。

今回のダイヤ改正では大井町始発の田園都市線直通急行で大きく変更を行う。

大井町17時30分発急行溝の口行きを田園都市線直通長津田行きに延長する一方、大井町19時04分発、20時14分発、20時45分発の急行長津田行き3本を急行溝の口行きに短縮する。これにより平日夜間の大井町発長津田方面田園都市線直通急行が15本から13本に減り、田園都市線直通急行が2本減便することとなった。つまり田園都市線溝の口~長津田間では平日夜間に減便を図ったのである

このほか大井町線直通急行の一部に連結している3号車Q SEATの有料座席運用は5本から10本に増えるとしているが、結果減便かつ定員減少による輸送力のさらなる低下を招いているし、そもそも2020年4月27日からQ SEATの有料扱い自体をやめている。しかも13本中どの10本かわからないありさまである。

なお田園都市線渋谷発着列車は行先変更と1分程度の時刻変更のみの実施となっている。平日朝は一部で準急と各駅停車で中央林間行きを交換しているが、前回の2019年10月1日東急田園都市線ダイヤ改正で準急は長津田~中央林間間で各駅に停車するようになったので利便性はあまり変わらない。

あとは平日夜間に押上18時14分発急行中央林間行きが急行長津田行きに短縮し、代替として押上17時58分発各駅停車長津田行きが各駅停車長津田行きに延長したことくらいだろう。

また大井町線も大井町~溝の口間では1分程度しか時刻が変わっていない。

つまり今回のダイヤ改正で一番大きいのは大井町線からの急行の行先変更とそれに伴う田園都市線溝の口~長津田間での列車本数の変更であり、それがたまたま大井町始発の7両編成の急行だったという話なだけなようだ。

2. 結び

今回の2020年6月6日東急電鉄ダイヤ改正では、東武鉄道ダイヤ改正に合わせ一部を変更するにとどまり、田園都市線で減便に転じた。

今後東急田園都市線・大井町線でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。


TOP