幕張行き新設と京葉線で増発へ! JR東日本千葉支社ダイヤ改正(2020年3月14日)

JR東日本千葉支社は2019年12月13日、プレスリリースにて2020年3月14日にダイヤ改正を行うと公表した( 2020年3月ダイヤ改正について )。今回はこれについて見ていく。

2020年3月14日ダイヤ改正まとめはこちら!

1. 特急「成田エクスプレス」増結へ

今回の2020年3月14日JR東日本千葉支社ダイヤ改正では、総武本線特急「成田エクスプレス」で増結を図った。

これにより東京~成田空港間では全ての特急「成田エクスプレス」が12両で運行することとなった。このプレスリリースが出た12月時点では、まさか「成田エクスプレス」が大幅運休になるとは思っていなかっただろうに…

このほか総武本線特急「しおさい」でも時刻変更を行う。

2. ホームドア設置に向け総武線各駅停車で減便と幕張行き誕生へ!

また今回の2020年3月14日JR東日本千葉支社ダイヤ改正では、ホームドア設置工事の開始に伴い総武線各駅停車で見直しを実施する。

これにより津田沼~千葉間を中心に一部で減便を図ることとなった。ただ、極力運転区間を短くしないよう、幕張行きを設定することとなった。

今回のダイヤ改正で新設した幕張行きは、平日三鷹17時34分発各駅停車幕張行きで、三鷹17時37分発各駅停車千葉行きを短縮したものとなっている。

3. 京葉線で輸送力増強へ!

また今回の2020年3月14日JR東日本千葉支社ダイヤ改正では、京葉線で土休日に輸送力増強を図る。

まずは土休日朝。東所沢5時05分発南船橋行きを各駅停車東京行きに延長するほか、折返しとして西船橋7時17分発府中本町行きを東京6時49分発各駅停車府中本町行きに延長した。

また土休日夜間に東京21時18分発各駅停車西船橋行きと西船橋21時55分発各駅停車東京行きの1往復を増発した。実はこの1往復は東京ディズニーリゾートからの旅客輸送に応じるために実質毎土休日運転の臨時列車として設定していた列車なのだが、今回のダイヤ改正で定期列車に昇格することとなった。

このほか、府中本町15時41分発南船橋行きを海浜幕張行きに延長したほか、南船橋17時35分発府中本町行きを海浜幕張17時28分発府中本町行きに延長した。

なお平日に変更はない。

4. 総武・成田線で増発へ!

また今回の2020年3月14日JR東日本千葉支社ダイヤ改正では、総武・成田線で輸送力増強を図る。

運転区間を延長するのは、平日は東京22時15分発快速千葉行き。土休日は横須賀線久里浜20時45分発快速千葉行きで、今回のダイヤ改正で快速成田空港行きに延長する。

これは2019年10月27日より運転している成田空港23時45分発成田線快速千葉行き最終列車の送り込みのために設定したものである。

これにより千葉から成田空港への最終列車が51分繰り下がることとなり、利便性が向上することとなった。

なおこの運用繰りの関係で津田沼4時44分発快速千葉行きを廃止することとなった。前後(と言っても10分以上開いているのだが)に各駅停車がいるので、輸送力としては十分賄えるだろう。

なお今回のダイヤ改正では日刊動労千葉が報じていた房総各線でのワンマン運転導入は見送られた。このこともあり今回のダイヤ改正について動労千葉では珍しく改善要望要求はなく、かといってダイヤ改正粉砕成功などの高らかな成功アピールもなく、珍しく空回りしていない。結果的に新型車両E131系の運転開始は2021年3月ダイヤ改正からに決まったのだが。


5. 結び

今回の2020年3月14日JR東日本千葉支社ダイヤ改正では、特急「成田エクスプレス」の増結による輸送力増強や、京葉線での増発を実施した。

今後2021年には総武線快速向けE235系や新型車両E131系の運転を開始するJR東日本千葉支社でどのようなダイヤ改正を行うのか、見守ってゆきたい。

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

タイトルとURLをコピーしました