昼間の京都~奈良直通急行復活と普通電車の新田辺直通化へ! 近鉄京都線ダイヤ変更(2024年3月16日)

 2442回閲覧

昼間の京都~奈良直通急行復活と普通電車の新田辺直通化へ! 近鉄京都線ダイヤ変更(2024年3月16日)

近畿日本鉄道は2024年1月16日、プレスリリースにて2024年3月16日にダイヤ改正を行うと公表した。今回はこのうち京都線について見ていく。

2024年3月16日近鉄大阪線ダイヤ変更はこちら!

1. 京都~近鉄奈良間直通急行復活へ!

今回の2024年3月16日近畿日本鉄道ダイヤ変更では、2022年12月17日近畿日本鉄道ダイヤ変更以来約1年4か月ぶりにダイヤ変更を行う。

今回のダイヤ変更では、前回2022年12月17日近畿日本鉄道ダイヤ変更で運転を取りやめた平日昼間の京都~近鉄奈良間運転の直通急行が復活する。

この復活に合わせ平日昼間の京都~大和西大寺間の急行を毎時3本から毎時4本に増発、土休日昼間は大和西大寺発着の京都線急行毎時1本を近鉄奈良発着に延長することで、平日・土休日ともに昼間に京都~近鉄奈良間の直通の急行を毎時2本設定、大和西大寺での乗り換えを不要とした。




もっとも競合するJR西日本奈良線では2023年3月18日ダイヤ改正で京都~城陽間の複線化及び複線区間の最高速度を95km/hから110km/hに引き上げたことから、京都~奈良間のみやこ路快速の所要時間が44分に短縮していた。

一方の近鉄は京都~近鉄奈良間の直通急行を廃止、特急誘導をしていたのだ。しかも近畿日本鉄道では2023年4月1日に運賃改定し普通運賃を約2割値上げしている。そりゃあ運賃値上げしたほかに近鉄奈良への直通列車は昼間は特急しかなく特急料金がかかるとすれば敬遠するだろう。

そこで今回の2024年3月16日近畿日本鉄道ダイヤ変更で京都~近鉄奈良間の直通急行を平日昼間に復活することによりJR西日本奈良線みやこ路快速との競合を図りたい考えなのだろう。

このほか平日朝は橿原神宮前6時47分発急行京都行を橿原神宮前6時43分発急行大和西大寺行きと近鉄奈良7時18分発急行京都行きに系統分割する。




2. 普通電車の直通化で新田辺乗り換え解消へ!

また今回の2024年3月16日近畿京都線ダイヤ変更では、普通電車の新田辺での系統分割を取りやめる。

子の普通電車の系統分割も前回の2022年12月17日近畿日本鉄道ダイヤ変更から行っていることで、新田辺で系統分割し京都~新田辺間の普通電車を6両、新田辺~天理・橿原神宮前間の普通電車を4両編成として両数を分けることで増解結の手間を省きつつ輸送力を分けて合理化することとした。

が、新田辺駅出入庫の電車が大きく増えたため駅付近の踏切で遮断時間が大幅増加してしまった。

この対策として京都線普通電車の新田辺での系統分割を取りやめ、京都~橿原神宮前間で普通電車が直通するようになった。これにより京都~新田辺間では一部普通電車が6両から4両に減車、輸送力が減少する。

近鉄京都線では2024年より4両編成の新型車両を導入するとしているが、今回の新田辺での系統分割廃止に伴い4両編成の新型車両が終日にわたり京都駅に頻繁に乗り入れることになりそうだ。


3. 結び

今回の2024年3月16日近畿日本鉄道ダイヤ変更では、近鉄京都線で平日昼間の京都~近鉄奈良間直通急行を復活したほか、普通列車の新田辺での系統分割を約1年4か月で取りやめるなど直通増強を図ることとなった。

2024年より京都線向けに4両編成の新型車両を投入する中、今後どのようなダイヤ変更を実施するのか見守ってゆきたい。

2024年3月16日近鉄大阪線ダイヤ変更はこちら!

2024年3月鉄道ダイヤ改正まとめはこちら!

関連情報:2024年3月16日(土)ダイヤ変更について – 近畿日本鉄道

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました